<ずっとキレイでいたいから。

赤ちゃんにもあるシワ

人間が自力で止めることができないのが、老いです。年齡を重ねることによって、若い時にはできたことができなくなったり、美容の悩みが増えたりと、機能の低下を感じてきます。
その悩みの1つが、ほうれい線です。
ほうり線は、顔のシワのことで、小鼻の両脇から伸びる2本の線のことです。人相学のような占いで用いられることも多いです。
ほうれい線ができるのは、中年というイメージが強いですが、実は若い人にもあります。生まれたばかりの赤ちゃんにもあるのです。
若い時には、浅く、薄く、あまり目立たないようなシワなのですが、年齡を重ねることで、だんだんシワは深くなっていっき、目立つようになります。
同年齢の場合でも、肌の状態によって、見た目の若さは大きく変わります。肌が健康的な人は、若々しく見えますが、シミやシワなどがあると、老けて見えます。
特にほうれい線が目立つか、目立たないかでは、見た目の若さは大きく変わります。
ほうれい線が目立っている人は、目立っていない人よりも、5歳老けて見えます。

ほうれい線が深く、くっきりと目立つ原因は、肌のたるみです。年を重ねると、首の筋肉、表情筋が衰えてくるので、肌がたるんでしまいます。
表情筋は、顔面の下部にある筋肉のことです。頬や口周辺の筋肉、目周辺の筋肉、など様々あり、細かく分類すると30種類以上あります。
数十種類以上ある筋肉が、それぞれ役割を果たしているので、人間は様々な表情をすることができます。
若い時には、重力よりも筋肉の方が強いので、皮下脂肪よりも高い場所で維持することができます。しかし、年を取ると、全体的に筋肉が衰えるので、重力に耐えられなくなるため、頬が垂れてくるのです。

頬の皮下脂肪が垂れてくると、皮下脂肪がほうれい線の上に覆いかぶさるように溜まります。そのため、更にほうれい線が深くなってしまうのです。
ほうれい線はシワの種類の1つです。紫外線や乾燥が原因で、シワは更に深くなってしまいます。
紫外線は、肌の奥深くまで入り込んでいき、皮膚の組織にダメージを与えます。そのため、シワだけではなく、シミを作る原因にもなるのです。
冬のような乾燥しやすい時期には、肌は乾燥してカサカサします。肌が乾燥している状態だと、ホコリや紫外線などの刺激物質から、十分保護することができなくなってしまいます。
保湿をしていれば、シワも薄く目立たないようにすることもできますが、乾燥していると、回復に時間がかかりますし、ほうれい線は更に深く刻まれてしまいます。
生活習慣もシワも大きく関係していて、睡眠不足、暴飲暴食、喫煙などは、シワの内的理由として挙げることができます。

予防

予防

ほうれい線は誰にでもあるシワですが、年を重ねるごとに更に深く、くっきりと目立つようになります。目立ち始めた場合は、予防をすることが大切です。
表情筋を鍛えるエクササイズをすることで、ほうれい線の予防に繋がりますので、日々の生活に取り入れましょう。

>>もっと詳しく

美容液

美容液

スキンケア商品は様々ありますが、肌の土台作りをして、肌トラブルを改善してくれるのが、美容液です。
美容液を使いこなすことで、ほうれい線を深く、くっきりと目立たないように予防、改善することができます。美容液によって含まれている成分は異なります。

>>もっと詳しく

外科的

外科的

ほうれい線はエクササイズ、マッサージなどで改善することもできますが、自分で改善するには、多くの努力と時間が必要になります。根気強く続けられる人は、自力で改善することもできますが、中には諦める人もいます。
すぐに効果を実感したい場合は、外科的な方法です。

>>もっと詳しく