<ずっとキレイでいたいから。

予防

鏡で確認

ほうれい線が目立つようになるのは、年をとってくると誰もが体験するものです。老け顔にならないように、慌てて消そうとするのではなく、ほうれい線が目立ち始めたら、予防をすることが大切です。
ほうれい線が目立つようになるのは、頬の筋肉力の低下が原因です。頬の筋肉は表情筋の1つです。この筋肉は、笑う時に使われています。
よく笑う人は、頬の筋肉をよく使うということですから、ほうれい線予防の1つになります。
表情筋が衰えることで、シワを更に深くしてしまうので、マッサージやエクササイズをして、表情筋を鍛えるようにしましょう。
1度だけマッサージやエクササイズをしたからといって、効果を実感できるわけではありません。
毎日継続して続けることによって、効果を感じることができます。

紫外線はシワを作る大きな原因の1つです。その紫外線から守るために、日焼け止めクリームを塗ることは重要です。
夏場の日差しが強い日にだけ塗る、という人もいますが、実は、紫外線は夏だけではなく冬にも出ています。
そのため、知らず知らずのうちに紫外線が、肌に蓄積されていることもあるのです。
日焼けクリームには、紫外線対策だけではなく、美白効果があるものや、スキンケア効果があるのもあるので、自分に合った商品を選びましょう。
日焼け止めクリームを塗るだけでも、ほうれい線の予防になります。

頬のたるみを改善する体操の方法は様々あります。顔を動かすだけで良いですから、自宅でも手軽に行なうことができます。
口を大きく開けて話したり、上を向いたり、下を向いたりした時に色々な口の形をしたり、と様々な方法があります。
体操する時のポイントは、使っている筋肉に集中しながら、1つ1つの筋肉を動かすということです。
使っている筋肉を意識するのと、意識しないのとでは、効果も大きく変わります。